デュモルチェライトクォーツ

底面にデュモルチェライトの鮮やかなブルーが彩る、手にすると持ちごたえのある重さの中型のクリアクォーツです。内部に虹の輝きも見られます。全体的に透明度はあるのですが、側面に磨りガラスのような部分もあり古びたような形状のクリスタルで、なかなかの風格と存在感を感じます。

写真を撮っていて、ファインダー越しにクリスタルを眺めていると、クリスタルを包む幻想的な青白い光を感じます。

この幻想的な青白い光に導かれていくと、そこは私の始まり、私の原初の設計図へと辿りつきます。
原初の設計図に近づきエネルギーを感じていくと、懐かしさを含む温かい心地よさと同時に意識が明晰でスッキリとしていく感覚を感じます。

デュモルチェライトは、私たちを意識的に魂の青写真、ブループリントの情報へと向かわせるエナジーをもっています。

青写真に沿った生き方とは、魂の本質に沿った生き方でもあります。その生き方は魂の本質からのエネルギーを使って、感情との摩擦の少ない自己実現を行なっていきます。魂はグループ意識ですので、幻想(個人意識)から生まれた理想に向かって一喜一憂するタイプのものではありません。

魂の本質に接触していくと、今向かうべき方向、グループの中での私の役割といったものが少しづつ、クリアに理解できるようになっていきます。
そうなった時、人は目指す先は理解しているが、そこを夢想するのではなく、そこへ向かう目の前の一つ一つにどれだけ集中し、そこに情熱と固定概念に囚われない想像力をもって、接することができるかといった能力が必要となっていきます。

この、能力が発達していくと、一見なんの関連性のないことでも、全てが繋がっていきます。
例えば、今取り組んでいる課題での解決策について、全く別の話をしている会話の中や、ふと眺めた風景から答えを読み取ることができたりと、全ての状況の全ての場面に、関連しあったパーツを見つけることができ、そこからストーリーを読み取ることができます。何気なく見ている風景や、聞いている音、全てが意味のあるものになっていきます。それをシンクロシニティー(偶然の一致)とも呼びますが、それではまだ受け身の意識状態です。さらに、私たちは細部における全てが、目指す先へと関連し繋がっているといった確信をもって進んでいく意識へと発達していきます。

私たちは、すでに必然の中で生きています。青写真の中で生きていますが、そこに意識がどれだけ集中しているのか、いないのかで、読み取り意識化していくものが変わってきます。集中していない場合、青写真を俯瞰するのではなく、細部を見て別々のもの(ストーリー)と錯覚し、同じ場所に止まっているか、ぐるぐると回って迷っているといった状況をつくっています。(ですが、これにもなんだかの意図があり、細部を何度も体感することで、経験値を上げている場合もありますが)

魂の青写真の書き換えや、修正はできませんし、私たちはすでにその中で生きています。変更していくとすれば、青写真を読み取っていく、私たちの能力や意識です。ディモルチェライトは、魂の青写真を象徴とし、私たちにそういった読み取り能力を高める意識変容へと促すエナジーをもっています。

* サイズ (約)148×61×76mm
* 重さ 680g
* 産地 ブラジル産

※撮影条件により、写真の色と実物が異なる場合もございます。
※原石由来による、傷や欠け、その他の鉱物の付着などがある場合もあります。

ご了承下さい。
販売価格
42,000円(税3,111円)
購入数